児童英語教師に必要な英語のスキル

児童英語教師の求人に多い応募資格

児童英語教師になるには、どれくらいの英語のスキルが必要でしょうか?

 

英会話スクールなどで募集されている児童英語教師の応募資格等では、

 

  • 英検準2級以上の方
  • 英検2級程度の方
  • TOEIC600点以上の方
  • TOEICや英検など各種語学資格をお持ちの方
  • 海外居住経験・留学経験のある方
  • 日常英会話ができる方

 

等実に様々ですが、一般的には英検2級、TOEIC700点以上のスキルが必要とされているようです。

児童英語教師が必要な英語力・TOEICテスト

学校・企業が最低ラインとして示すのは一般的には600点台。

 

英会話スクールなどで募集されている児童英語教師ならTOEIC700点以上を目指しましょう。

 

TOEICテストは年に9回(1・3・5・6・7・9・10・11・12月)全国80都市で開かれます。
公式サイトで公開試験日を確認し、申込期間内にネットもしくはコンビニから申込みします。

 

受験資格や年齢制限はありません。

 

TOEICテストは合否はありません。どれくらい英語能力を持っているのかを測るテストになります。

 

10〜990点のスコアで評価されるため現在の英語能力を測り、目標スコアを設定する事ができます。

 

多くの外資系企業が採用基準にしているため、高いスコアは就職・昇進にも大変有利になっています。

 

早くアピールできるスコアがほしい方には、通信講座等を利用し目標スコア到達させ英語力を身につけましょう!

 

通信講座情報サイト・気になる講座・資格は無料で資料請求できます。
TOEICテスト対策・通信講座比較はこちら【BrushUP学び】
TOEIC

通信講座・レッスン情報まとめて資料請求できます。

児童英語教師が必要な英語力・英検はどれくらい?

日本で最も知名度の高い英検(正式名称:実用英語技能検定)ですが、全体的には社会人よりも中学校、高校が学校全体で資格取得に力を入れています。
高校の時に英検2級、3級を取得した人も多いでしょう。
英検は、入学試験で優遇、内申点に加算、単位認定で優遇されるからです。

 

英検の級の種類は
5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級。

 

語学系の企業なら英検1級、準1級が望ましいといえます。
子供に英会話を教える児童英語教師なら、最低でも2級は取得しておきたいですね。

 

英検を受験するには、まずは日本英語検定協会の公式サイトで試験日・申込み受付期間をチェックし、申込み期間内にインターネット、コンビニ、特約書店から申込みをします。
試験は年3回(6月・10月・1月)

 

テストを受けるために受験資格や年齢制限はありません。

 

英語の通信講座・レッスン情報まとめて資料請求できます。
【BrushUP学び】

↓↓こちら↓↓

児童英語教師に必要な英語のスキル関連ページ

児童英語教師とは?仕事内容
児童英語教師とは?注目の子供英会話講師・インストラクター・仕事内容をまとめています。
児童英語教師の資格とスキル
児童英語教師になるには?どんな資格が必要?注目の子供英会話講師・インストラクター・になるための英語の資格とスキルについてまとめています。
児童英語教師になるには?近道
女性・主婦におすすめの資格・児童英語教師(インストラクター)になる近道って?免許や資格は必要?
児童英語教師おすすめ通信講座
女性・主婦におすすめの資格・児童英語教師(インストラクター)になるには?ここでは、児童英語教師になるためのおすすめの通信講座をいくつか紹介したいと思います。英語のスキルを証明するだけではなく、児童英語教師としての指導方法や実践力を身につけ即戦力と自信につなげます。
児童英語教師養成学校・スクール
女性・主婦におすすめの資格・児童英語教師(インストラクター)になるには?ここでは、児童英語教師になるためのおすすめの養成学校・スクールをいくつか紹介したいと思います。英語のスキルを証明するだけではなく、児童英語教師としての指導方法や実践力を身につけ即戦力と自信につなげます。
児童英語教室を開業するには?
児童英語教師になり、独立開業するのは大きな一つの夢ですね。では、どのようにして児童英語教室を開業するのでしょうか?
アルク英語教室-フランチャイズ開業・条件・流れ
英語教室を独立開業するなら、フランチャイズ!ネームバリューと信頼の高いアルクが運営するフランチャイズKiddy CAT英語教室について