児童英語教室を開業するには?

児童英語教室を開業するには

アルクのKiddy CAT英語教室(フランチャイズ)で開業したい人におすすめ!

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

 

子供英会話教室・児童英語教室・・・呼び方はさまざまですが、子供に英語を教える教室を開業するにはどうすればよいのでしょうか。

 

方法は二つあります。

 

@個人で教室を開業する

 

Aフランチャイズに加入する

 

個人で教室を開業する場合

 

個人で教室を開業する場合やり方は自由です。
レッスン内容、レッスン時間、料金、すべて自分で決めて独自の子供英会話教室を開きます。

 

自由に決められ、利益はすべて自分のものになりますがネームバリュー(知名度)がありません。

 

知名度・名前が知られてるって大事ですよね。

 

全く聞いた事のない英会話教室と、CMでも有名なあの英会話スクール、どちらを選ぶとしたら大抵の人が知名度のある英会話スクールを選ぶでしょう。
ネームバリューのない個人で開業する場合は、信頼が大事になります。

 

人脈をつくり、ご近所に顔を広めるのと同時に、スキルの高い指導力、英語力が必要になります。

 

あの英語教室に通ったおかげで、と思われるような英語教室にしなければなりません。

 

フランチャイズに加入する場合

 

フランチャイズとは簡単に説明すると、本部に加盟金を払い、名前を借りて教室を開業することです。

 

例えば、
ECCジュニアのホームティーチャー
アルクのKiddy CAT英語教室
などの名前を借りて教室を開きます。

 

ネームバリューがある、というだけでも生徒を集めやすくなります。
そして、フランチャイズのメリットはそれだけではなく、開業するまでに研修制度があったり、アドバイスなども受けられます。

 

ECCジュニアのホームティーチャーの場合、教室名入りのチラシやポスター・パンフレットの無料支給があるようです。
開校に向け、フランチャイズ加盟店に合わせたレッスンスタイルにしてきます。
もちろん名前に負けないように自分の努力も大事です。

 

ただし、加盟金を払わなければならないということも忘れないでおきましょう。

 

アルクのKiddy CAT英語教室(フランチャイズ)で開業したい人におすすめ!

小学校英語指導者資格認定 アルク児童英語教師養成コース

 

フランチャイズ子供英語教室を開業する

 

児童英語教室を開業するには?関連ページ

児童英語教師とは?仕事内容
児童英語教師とは?注目の子供英会話講師・インストラクター・仕事内容をまとめています。
児童英語教師の資格とスキル
児童英語教師になるには?どんな資格が必要?注目の子供英会話講師・インストラクター・になるための英語の資格とスキルについてまとめています。
児童英語教師になるには?近道
女性・主婦におすすめの資格・児童英語教師(インストラクター)になる近道って?免許や資格は必要?
児童英語教師に必要な英語のスキル
児童英語教師(インストラクター)になる必要な英語のスキルはどれくらい?応募資格は?TOEICテスト・英検を受験するには?
児童英語教師おすすめ通信講座
女性・主婦におすすめの資格・児童英語教師(インストラクター)になるには?ここでは、児童英語教師になるためのおすすめの通信講座をいくつか紹介したいと思います。英語のスキルを証明するだけではなく、児童英語教師としての指導方法や実践力を身につけ即戦力と自信につなげます。
児童英語教師養成学校・スクール
女性・主婦におすすめの資格・児童英語教師(インストラクター)になるには?ここでは、児童英語教師になるためのおすすめの養成学校・スクールをいくつか紹介したいと思います。英語のスキルを証明するだけではなく、児童英語教師としての指導方法や実践力を身につけ即戦力と自信につなげます。
アルク英語教室-フランチャイズ開業・条件・流れ
英語教室を独立開業するなら、フランチャイズ!ネームバリューと信頼の高いアルクが運営するフランチャイズKiddy CAT英語教室について